2/28温山荘☆ひいなあそび☆着物ファッションショー

ファッションショーをはっそんそー、と表記するのがお気に入りなのですが
タイトルもそれにしたらわけわかんないので普通に書きましたエヘン

和歌山県海南市には、「温山荘」という場所があります。名所やでえ!

———————-
明治21年に日本で初めて動力伝動用革ベルトを製作し、
その後、世界有数のベルトメーカーとなった
新田帯革製造所(現 ニッタ株式会社)の創業者、
新田長次郎翁により、この地に大正初期から造園されました。

「温山荘」の名称は“温山”の雅号を持つ翁の求めに応じて、
東郷平八郎元帥により命名されました。
当初は翁の健康維持のために使用していましたが、
在世中に一般人にも解放されるようになりました。
翁の没後はその遺志により、
「財団法人 琴ノ浦 温山荘園」(現 公益財団法人)を設立し、
当財団が管理にあたっています。
平成22年、文化庁より庭園は国指定の名勝に、
建造物は重要文化財に指定され、
平成23年7月、県より公益財団法人として認定されました。
———————-(公式HPより抜粋)

見よこの庭園!!
12803250_1852223748337930_3170369882718854237_n

じっくりきたのってもしかしたらはじめて?めっちゃ落ち着くー!
(ばあちゃんちこんなんだったから)

重文な建物の中には、そこかしこに味のあるお雛様たちや、

12800398_233119670364736_4619410588790738902_n

色々な小物の出展が~!

 

オーダーメイドで下駄も作れちゃう、今回主催の『ごもん』さん
下駄と鼻緒のコーデなんかできちゃうので、近寄ったらしばらく動けないww
姪っ子さんが一緒にショーに出ましたが、おかわいらしかった・・・!

12729034_681732001929682_4921755826566855354_n

手作りがま口『thyme♪』さん!マトガマかわいすぎ!!
ブログを拝見すると石鹸も手がけてらっしゃる・・・
12743493_1688355524764610_2724221702029951899_n

 

気になる伝統工芸「つまみ細工」最近ブームきてますよね!
作ってらっしゃる『銀次*GINz*』さん!ご本人もかわいらしくて
一緒につまみ細工のアイディアで盛り上がりました!

12729229_861935323915527_5079880181633542258_n

 

実はずっと欲しかった「文化人形」を展示してらした《 満月猫 》さん。
その他創作人形も!センスいいなあ・・・ミニチュアとか眺めてて飽きない。

12743520_1849003221993316_4359434952575741554_n

12742706_1849003231993315_5296459382380309861_n

 

田辺の『中野工房』さま!ここんとこずっと欲しかったデニムの着物
(しかも二部式だから普段下をちょっとした巻きスカートにしたり☆)も
作ってらっしゃいます!ヤバし!今度田辺行くっすよ姐さん!
デニム帯とかもヤバすぎっすよ!

12733424_1844991602394478_5866747821265622814_n

 

 

残念ながら立ち寄れなかったカフェー(あえて伸ばしたい)の
国産小麦粉のパンのお店 Fields R』さん
くすん、バタバタしてたんだよう・・・ジュルリ・・・

12743848_1665153937092703_5782364065406858183_n

 

ステキカゴバッグ。田辺の『Y’s Basket』様。(FBページ
これから暖かくなる季節に大活躍しそう~・・・着物に合わせてもイイネ!

12669452_1845439619016343_5416313226713247099_n

12745711_824411997687257_4252790758619674360_n

 

ハンドメイド和小物・アクセサリーなどキラキラ!『Les soeurs』 さん。
あたしにはかわいすぎる・・・フッアタイも汚れちまったもんだよ・・・
12743574_1850004898559815_3923619778907952564_n

 

みなべの「ゆっこ工房」さん!
柿渋液という渋柿の青い果実からできる天然の染料を使った染物の品を
並べてらっしゃいました☆柿渋の茶色は日本人の肌色によくなじむそうですよ。

12670849_1844980902395548_6726498152075340747_n

 

今まで出てきた方の品も置いてるクラフトセレクトショップ?
田辺の『一月堂』さん!
一度お店に行きたいな~!

12744127_1845442679016037_1837923867355687455_n

 

 

田辺からの『棉瑠(める)』さん!ちょ、なにこれカワイイ!!

12687780_1845441195682852_4702463463792104090_n

 

森西 雅子さんには開運メイクしてもらいました!フフフこれで無敵!(何が

1555321_820127598116205_2254372929830059350_n

Sさんのお琴がステキに響く中、皆さん色とりどりの作品をめでておられます。

12805976_1852718651621773_5946335285267829416_n

そしてそんな会場の廊下を使ってのはっそんそー!!

12718303_1575349062706532_3656570607890485336_n

出るまで気づかなかったんですが、結構お座敷いっぱいにお客様がいて、
出演者のコーデにほーとかきゃーとか言ってくださっていました

そもそもはっそんそー出演の「わかやま着麗倶楽部」メンバーの何人かは
2014年10月にルミエール華月殿での「Kimono 〜luxe〜」に参加して
ウォーキングからやっているので、歩くのや見せ方うまくなってるw
http://ameblo.jp/love-kimono-6192/entry-11941432461.html
http://ameblo.jp/love-kimono-6192/entry-11942881758.html
http://ameblo.jp/love-kimono-6192/entry-11943301816.html
(今回主催のSさんのブログよりリンクさせていただきました)

皆様のお綺麗な写真は載せてるとキリがないので
そちらはSさんのブログにお任せして、
http://belove-wakayama.jp/skgckimono/2016/03/03/2388/
ここでは自分だけ

IMG_3491 1929803_1852718698288435_8113280798907269011_n

小説などに出てくるたびにあこがれてた「銘仙」。
大正昭和の女性には気軽なおしゃれ着として、
また普段着としても着られていたお着物なんですけど
海外からの影響もありでおもしろい柄やかわいい柄、着易い素材等
明治大正昭和の文学を愛する私としてははずせない一品!
というわけで必死こいてヤフオクで自分の着丈に合うヤツ手に入れてココで初披露~
帯は一つ結びで後ろでたらして柄を見せ、そのカタチにあわせて
帯前面に同系色のスカーフ(それ自体サシェ風の柄)をたらしてあります。
帯は前にはあえて柄を出さず、おかんのブローチを帯留めにしてありますが
これが針が折れてたので急遽輪ゴムで止めておりますwなんとでもなるYONE!
帯締めには、「なんか、あったから」という理由でおもしろい二本組み合わせ紐を
巻いております。たぶんこれカーテンの紐とかじゃねーのか。
で、ばあちゃん譲りのハットとパーティー仕様のバッグです。
髪の毛は片方にまとめて、かんざし屋Wargoのすかし影絵猫(ブルー)
今回はお子様もいるので小道具に煙管はやめておきましたw

着麗倶楽部お笑い担当として、しかも(ドタ参加だったので)なんとトリ出演!として、
これは笑いをとらねばと必死こいてポージングしました。えらいイキオイで写真撮られました。
あとで皆さんに頂いた写真みたら、まあJOJO立ちしてるのからジュリーみたいになってるのから
止められるまでがんばった軌跡がそこに・・・ウケてたようなのでよかったです。

IMG_3514 IMG_3516

IMG_3484 

司会がEさんだったので、もうアレだったら突っ込んでくれるだろうと
散々やらかしました。マイク渡すからとりあえず「エンダ~♪」と一節うなりましたが、
場所的にも客的にも尾崎紀世彦にすべきだったと後悔。
※どちらにしても歌う必要はありません。

IMG_3492 IMG_3493IMG_3494

今回はお子様の出演者、お客様も多かったです!
Cさんのお孫ちゃまはお話は聞いてたので「お絵かき上手なんだって?」と
対子供スキル全開で仲良くなっておきました。
「お花の妖精とちょうちょの妖精みたいだね~」
これはおだてじゃござんせんよ。

ショーが終わった後、
お年を召したお姐様方から「銘仙懐かしいわ~」「帽子いうとこが粋やね」と
お褒め頂いたのが超うれしかったです!
ええ、小説で、皆様が着てらしたその時代の空気にあこがれているんです!!
皆様お若い時分思い思いの銘仙をお召しになって、
その光景はさぞかしお美しかったろうと拝察申し上げました!
いや、今でも十分お美しいですが。

更になぜか「ファンになりました~」と写真を撮ってくださった女子三人組さん
おもしろキャラとして和歌山で有名になる日も近いのだろうか(野望

久しぶりのお友達T子姫にも会えたので嬉しくてちゅーしたところ、
ちゅー、っていうか吸い付いたのでパプリカの輪切りみたいなキスマークつけちゃったのも
いい思い出としてよろしくお願いします(化粧直し大変だったろうに・・・)。
IMG_3485

あと美人さんの友達もできたよっていうかこのRちゃん
初対面じゃないしFBでつながってるんだけど、
ゆっくりしゃべったのはじめてだった。モデルとみまごうばかりの美しさよ。これが若さか・・・

IMG_3487

 

今回主催のお姐様方、お疲れ様でございました!
真ん中のY子ちゃん仲良くなりました!またあそんでおくれ!

o0480064813582298233

 

んでこれ、後日談ですが3月1日の わかやま新報さんで
大きく取り上げてくださってたらしく。

o0480064013582253402

 

私ゆうこりんのでっかい野望に「和歌山に着物女子男子を増やす!」があります。
(京都みたいにハレの日にレンタル、ではなくもっとカジュアルに着る、
そして似合う場所を自分で見つける。いい路地とか店とか庭園とかあるしね!
みたいなカンジのがいいかなっと)
こーやってみんなに知られていけばいいな。ま、まだ漠然としてるし草の根運動ですけどね。

皆様、お疲れ様でした&ありがとうございましたー!!

o0480032013582253471

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*