旬のものを食べると体に良いです!小蕪のお漬物

ここのところ急に寒さが厳しくなりましたね。
急激な気温の変化でお体など壊してらっしゃらなければようございますが。

さてそんな11月あたりから旬にはいりますお野菜。
小蕪のお漬物をご紹介いたします。

ご存知のとおり旬のものを食べると体によいです。
旬の食べ物にはその時期に表れやすい不調を抑えてくれる性質があるのです。
冬の根菜類は、体を温めてくれる作用があります。
そしておいしい。これは食べないわけにはまいりませんでしょう。

IMG_3096

毎度おなじみ、さだこの顔写真入りパッケージに、
おぎょうぎよく小蕪ちゃんたちが並んでおります。
根から葉っぱまでまるまるおいしく漬かってます!
全身これお漬物なのには理由があります。


かぶの葉はたくさんの栄養素を含んでいるのです!!

●β-カロテン

β-カロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、
その他にも体内でビタミンAに変換され、
髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、
喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています!

●ビタミンC

風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果大!

●カルシウム・カリウム

筋肉の収縮、神経伝達物質を放出し興奮や緊張の緩和、血液凝固、
動脈硬化や高血圧の予防、イライラを鎮めるなどさまざまな生理作用があります!


どーですか!蕪の葉っぱえらい!
もちろん根の部分だって負けていません。

●消化酵素のアミラーゼ

蕪はアミラーゼを含んでおり、
これはでんぷんの消化酵素としてはたらき、
胃もたれや胸やけを解消する働きや整腸効果 があります。


これから忘年会シーズン、パーティーシーズン。
ちょっと食べ過ぎたそんな夜、少し小蕪をぽりっと。消化を助けてくれます。
(小蕪すら入らないくらい食べた方はおとなしく右を下にして寝てください・・・)

やさしい歯ざわりであっさりいただける、そんなキュートなお漬物です。
冬の食卓に!おなべの箸休めに!暴飲暴食した次の日の朝に!
小蕪のお漬物大活躍!ですよ!

WEB:http://www.sadako.jp/

About sadako-asaduke 8 Articles
昔はどこの家庭でもお漬物を漬けていたものです おばあちゃんやお母さんが手塩にかけた我が家のご自慢のお漬物。一生涯忘れることのない故郷の思い出の味でございます 沢庵やぬか漬などは特にそのようで「あっ」この味は「おばあちゃんの漬物といっしょや」と懐かしい味に遠い昔の育ったご実家や家族の思い出話をされるお客様が大勢いらっしゃいます。たかが漬物でこのように喜んでいただけるお客様に巡り会えることが私たちにとって最高の喜びです。 昨今はご家庭でお漬物を漬ける機会も少なくなっているようですが、漬物作りにまで手が回らない方々に、私たちが替わって家庭の味(昔ながらの)を無添加のぬか床で漬けています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*