無添加お漬物と無添加熟成ぬか床 さだこの浅漬工房

1507

まだ幼かった頃 家族が揃って 素朴でも温かかった
その食卓にあった あの歯ざわりとあの味が
懐かしく蘇ってくる。
手塩にかけた 優しかった母のお漬物。
そんな味作りにこだわっています。
img_moriqwase

昔はどこの家庭でもお漬物を漬けていたものです。
おばあちゃんやお母さんが手塩にかけた我が家のご自慢のお漬物。一生涯忘れることのない故郷の思い出の味でございます沢庵やぬか漬などは特にそのようで「あっ」この味は「おばあちゃんの漬物といっしょや」と懐かしい味に遠い昔の育ったご実家や家族の思い出話をされるお客様が大勢いらっしゃいます。たかが漬物でこのように喜んでいただけるお客様に巡り会えることが私たちにとって最高の喜びです。昨今はご家庭でお漬物を漬ける機会も少なくなっているようですが、漬物作りにまで手が回らない方々に、私たちが替わって家庭の味(昔ながらの)を無添加のぬか床で漬けています。okayu_img

15sadako_tentophoto
お漬物は大昔から漬け続けられている日本の食文化の原点の一つです。数十年前にはいたる所に自然があり、私達はその自然に囲まれた中で生活を営んでいました。今、周りを見渡してみると多くの化学製品で埋め尽くされ、殊に食料品は化学薬品に頼られ製造や加工されるものが数多く見受けられます。
時代の流れと納得せずに是非とも「安全で安心」のできた過ぎ去った日々を取り戻したいものですね私達の健康の事を考えてみると「昔ながらの」が一番のようでございます。
「先人達」の培った知恵と技を受け継ぐと食品添加物など一切必要もなく、心を込めて栽培された野菜なら化学調味料等でごまかした味付けをする必要もありません。日本で生まれ育ったからこそ「野菜本来の味」を大切にし、本物の味を忘れてはいけないですね。子供達のためにも・・

私さだこは、こんな想いにひたすらこだわり素朴な昔懐かしい美味しいお漬物を漬け続けています。

郵便番号 640-8151
住所 和歌山県和歌山市屋形町3-45
電話 073-428-1234
アクセス JR和歌山駅前より和歌山バス
(60)花王石鹸工場前行:屋形町バス停下車徒歩2分
(62)屋形町経由JR和歌山駅行:屋形町バス停下車徒歩0分
(61)県庁正面前行:屋形町バス停下車徒歩2分南海本線和歌山市駅前より和歌山バス
(53・54)和歌山医大付属病院前行:屋形町バス停下車徒歩0分
(54)和歌浦口行:屋形町バス停下車徒歩0分阪和高速和歌山インターより車で
県庁前・和歌山港方面へ:屋形町交差点まで約5分
営業時間 10:00-18:00
定休日 毎週木曜日
祝日は不定期休業あり
WEB https://www.sadako.jp