前と後ろ、キャラが違う!?単衣コーデ

皆様こんにちは、「キモノの時間」です。

先日、歌舞伎鑑賞に京都まで行って参りました。
流石の京都で着物を着ている人が多く、また着方もキレイでした。
浴衣の方も多かったですが、足袋を合わせて単衣風にしたりしてました。
ザ・浴衣!っていう着こなしの方も見かけましたが、やはり9月にそれだとちょっと微妙?
まあ今の時代9月といえど暑いですし暑い間は浴衣OKという説もありますが、
洋服だって9月に入ったらがっつり素足にサンダル~とかは避けたいところですものね。

さて9月はやっぱ単衣でしょ!のコーデを見てまいりましょう~!

IMG_2815

ベージュの地に、赤青緑のかわいらしい柄を散らしております。
このままかわいらしく決めるのもアリですが、
少し大人モダンにしてみましょう。

まず半襟ですが、紗綾形(卍(まんじ)の形をくずしてつづり連ねた模様。めでたい柄です)の
黒白でキリリと。
帯の白黒にあわせています。
こちらの帯、以前ご紹介した玉龍デザイン帯で、赤の部分もあるのですが、
大人モダンなのでここは白黒部分のみ表に出してコーデしています。

帯揚げと帯締めに黄色を持ってきています。
着物の柄から拾った青・緑、ベージュからもう一つ明るいところまで行って黄色。
このグラデーションを作ることで、表情をもう一つつけています。
帯留めは玉龍作品「翠星」のグリーンをオンして決める!

IMG_2814 IMG_2813

少し寄って見るとよくわかります。
かなり表情豊かなコーデです。
帯は扇模様(横並び)なのがおもしろいでしょう?

これで後ろを向きますと、帯揚げ・帯締めの黄色がなく地味になってしまうところ、
帯の(結び方は角出し)角部分とタレ部分に出した赤で華やかにしております。
帯の裏側に出ている部分は英字新聞なので、黒より白が目立ちます。
そこを赤で締めているわけです。
ただ、それ以外は着物のベージュと帯の白が目にはいるので、正面より少し大人しめに感じられます。

こんな感じに、正面と背面で表情がだいぶ違うっていうコーデもおもしろいですね!

次回もお楽しみに!!

WEB:http://www.kimono-no-jikan.com/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*