紀元祭講演会「日本人の心 江戸しぐさ」

初代神武天皇が即位された「建国記念日」に、我が国の建国を祝う紀元祭を執り行います。
また、引き続いて恒例の講演会を行います。
今年の講演会は「日本人の心(やまとごころ)江戸しぐさ」と題して、やまとびと 江戸しぐさ語りべ認定普及員の木村隆子氏にお話いただきます。
「江戸しぐさ」とは江戸商人が築き上げた公衆マナーと言われています。その根底には「相手を思いやる心」があります。自然を大切にし、円満な人間関係を維持し、異文化と共生する知恵が「江戸しぐさ」にはこめられています。
講師 やまとびと
江戸しぐさ語りべ認定普及員 木 村 隆 子 氏
祭典への参列、講演会の聴講はいずれも無料です。講演会は祭典終了後引き続いて行いますので、参列・聴講を希望される方は、祭典開始の10分前(9:50)には社務所までお越しください。
About itakiso 17 Articles
伊太祁曽神社は我が国に樹木を植えて廻ったと 『日本書紀』 に記される 「五十猛命(いたけるのみこと)」 を祀る神社です。植樹神五十猛命は一般には「木の神様」として慕われています。そのため、全国の木材関係者のお詣りが多い神社です。 また 『古事記』 には 「大屋毘古神(おほやびこのかみ)」 として記され、災難に遭われた大国主神(おほくにぬしのかみ)の生命を救った話が記されています。このことから ”いのち神” ”厄難除けの神” の信仰が篤く、病気平癒祈願、厄除け祈願の参拝が多い神社でもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*