七五三のお詣り

七五三の問い合わせが始まりました。

七五三詣りは11月の行事ですから格段に早い問い合わせですが、これは某スタジオの影響だろうと想像されます。

某スタジオでは写真の早撮りを行う場合、割引をし、さらに秋の七五三詣りの衣装代を無料にするというサービスを行っているようで、テレビCMなどでも宣伝を行っています。

これらに申し込みされた方が、衣装の予約をした日に参拝の申し込みをされているのだと思います。

 

七五三のお祝いの日は11月15日とされています。しかし問い合わせの中には10月初旬などもあるようです。

今時の若いお母さん方は、七五三のお祝い日自体をご存じないのかもしれません。

 

11月15日に七五三のお祝いをするのはなぜなんでしょう。

これには諸説ありますが、いくつか紹介しておきます。

 

1,農閑期と鬼宿日の組み合わせ説

七五三という行事は明治以前からありました。この頃に日本で使用されていたのは太陰太陽暦、つまりいわゆる旧暦です。

旧暦の15日というのは 鬼宿日 と呼ばれ、鬼が出歩かない日とされています。この日は何事をしても吉とされる日です。

そして11月は稲刈りを終えて農作業が一段落した時期です。収穫の感謝とあわせて、子供の成長を祈願する日として 七五三詣り を11月15日に行うようになったという説です。

 

2,徳川徳松の健康祈願に由来する説

江戸幕府徳川5代将軍 徳川綱吉 の長男、徳川徳松 の健康祈願が 天和元年11月15日に行われたことに由来するという説です。

もともと 七五三詣り という習慣は関東のもので、関西圏ではあまり行われていませんでした。(関西での成長祈願は十三参りが一般的でした)

 

いずれにしても、11月15日でなくてはならないという積極的理由ではありませんが、しかし古くから11月15日が七五三詣での日と定められ定着しています。

七五三詣りには千歳飴を食べて祝うという習慣が定着していたりと、通常の神社参拝とは少々異なる撤下品(お下がり)を準備する神社が多く、そのため 一般化している11月15日を大きく外れた七五三詣りには準備が整っていない神社が多くあります。

伊太祁曽神社でも、10月には秋祭りが行われる関係から、10月最終日曜日以降は各種撤下品を揃えて七五三詣りの受け入れ体制を整えていますが、それ以前の参拝ではお守り程度しかお渡しできない状況です。

 

生活様式の変化から、七五三の参拝日が11月15日にとらわれなくなってきているのかもしれませんが、まだまだ一般化するには時間がかかりそうです。

今年、3才、5才、7才のお子様をお持ちのお父様、お母様、衣装のレンタルも大切ですが、七五三詣りの本質は子供の成長祈願です。

受け入れ体制が整っている時期に神社にお参りされることをお勧め致します。

About itakiso 17 Articles
伊太祁曽神社は我が国に樹木を植えて廻ったと 『日本書紀』 に記される 「五十猛命(いたけるのみこと)」 を祀る神社です。植樹神五十猛命は一般には「木の神様」として慕われています。そのため、全国の木材関係者のお詣りが多い神社です。 また 『古事記』 には 「大屋毘古神(おほやびこのかみ)」 として記され、災難に遭われた大国主神(おほくにぬしのかみ)の生命を救った話が記されています。このことから ”いのち神” ”厄難除けの神” の信仰が篤く、病気平癒祈願、厄除け祈願の参拝が多い神社でもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*