勧学祭(ランドセル清祓)

3月・4月は、学生・生徒などには卒業式や入学式、また社会人には退職や転勤、入社といった、出会いと別れの季節ですね。

新社会人や新入学で新しい一歩を踏み出す方は、不安と希望が入り混じった気持ちだと思います。そんな初々しい姿を見ていると、こちらも何か気分が浮き立ってきたりしますね。

そんな新しい第一歩を踏み出す人たちの中でも、特に初々しいのは小学校1年生になって入学するお子さんではないでしょうか。

お子さん自身も不安と希望が入り混じった気持ちでしょうが、親御さんには不安な気持ちでいっぱいでしょう。

 

そんな新1年生を対象に、勧学祭(かんがくさい)を執り行います。

CUT_818CUT_817

勧学祭というのは文字通り 「学びを勧めるお祭り」 で、平たくいうならば 学業成就、学校で勉強がちゃんと出来るように という主旨の祈願をするお祭りです。

その勧学祭では ランドセルの清祓 を執り行います。

真新しいランドセルをご神前にお供えして、学業成就を願うとともに、通学時の交通安全を祈願します。

 

3月20日(日)春分の日、午後2時から執り行います。

祭典への参列には事前の申込が必要となります。詳しくは社務所までお問い合わせ下さい。

About itakiso 17 Articles
伊太祁曽神社は我が国に樹木を植えて廻ったと 『日本書紀』 に記される 「五十猛命(いたけるのみこと)」 を祀る神社です。植樹神五十猛命は一般には「木の神様」として慕われています。そのため、全国の木材関係者のお詣りが多い神社です。 また 『古事記』 には 「大屋毘古神(おほやびこのかみ)」 として記され、災難に遭われた大国主神(おほくにぬしのかみ)の生命を救った話が記されています。このことから ”いのち神” ”厄難除けの神” の信仰が篤く、病気平癒祈願、厄除け祈願の参拝が多い神社でもあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*