お神札に巻かれている薄い紙

 

12月もそろそろ中盤にさしかかってきました。だんだんとお正月を迎える準備が始まっています。
世間ではまだクリスマス準備でしょうか・・・。

さて、年が改まると一般的には初詣に出かけたりするわけですが、御家庭の神社ともいえる神棚はどうされているでしょうか?
最近では神棚の無い家庭も多いと聞きますが、いかがでしょう?
家庭に神棚を設けてお神札を祀るということは、家族を神様に見守っていただくということですので、お祀りされていない方は是非ご検討下さい。

さて、神棚にはお神札を祀るわけですが、これには決まりごとがあります。
必ずお祀りすることとされているのが、伊勢の神宮のお神札と自分の住む地域の氏神様のお神札です。
伊勢の神宮のお札は、伊勢まで行かずとも最寄りの神社で受けることが出来ます。
何故、お伊勢さんのお神札と氏神様のお神札を祀るのかということについては、またの機会に記すことにします。

今回はお神札に巻かれている薄い紙がのお話。

お神札には必ず薄い紙が巻かれていますが、みなさんどうされていますか?

お神札

お神札には、木製や紙製、形も剣先や角など様々ですが、お伊勢さんのお神札(神宮大麻)は紙の角札ですね。
そしてお神札に記されている文字が読めるような薄い紙が巻かれています。
各神社のお神札でも紙札の場合、同様になっているものがありますね。
(写真右側がそれぞれ薄い紙の巻かれているもの、左側が取ったもの)

この薄い紙、もともとは包装紙の役割として巻かれたものだそうです。
ですから本来は頂いてきて、神棚に納める際に取るもののようですが、御神名や神社名がそのまま見えるのは恐れ多いと、この紙を巻いたままお祀りされる方も多いようです。
それだけ神様に畏敬の念を抱くことは決して悪いとは思いませんので、その祀り方を否定はしません。ただ、時々この薄い紙をどうしたらよいのか聞かれることがあるので、その由来についてのみ記しておきます。

年末には自宅や会社の神棚のお札を新しくされる方も多いと思います。参考にしてください。

About itakiso 17 Articles
伊太祁曽神社は我が国に樹木を植えて廻ったと 『日本書紀』 に記される 「五十猛命(いたけるのみこと)」 を祀る神社です。植樹神五十猛命は一般には「木の神様」として慕われています。そのため、全国の木材関係者のお詣りが多い神社です。 また 『古事記』 には 「大屋毘古神(おほやびこのかみ)」 として記され、災難に遭われた大国主神(おほくにぬしのかみ)の生命を救った話が記されています。このことから ”いのち神” ”厄難除けの神” の信仰が篤く、病気平癒祈願、厄除け祈願の参拝が多い神社でもあります。

4 Comments

  1. ゆうこりん
    at

    薄い紙もですが、お守りの入っていた袋とかもなんとなく捨てられません・・・
    どこもかしこもご利益ありそうな気がして。
    これはある意味ちょっと欲張りでしょうか?

    • 東口の金さん
      at

      もともとは包装紙の役割だったんですね。
      うすい紙は、やっぱ捨てれないでね。
      ありがとうございます!参考にしていきま〜す。

      • 私は薄い紙を剥がしてお祀りすることをおすすめしていますが、やはり剥がせずに祀られている方は多いようですね。
        個人的には剥がさないと神様のお力が封印されたままの様な気がするのです。

    • お守りなどを入れる神社の名前や社紋の入った袋(上袋などと呼びます)もゴミとして処分できないという方は意外と多いです。
      古いお守りなどと一緒にお持ちいただければ神社で焼納致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*